夜の過ごし方もダイエットには重要ですから、ダイエットメニューは事前に考えておいてもいいかもしれないですね。

まず食事ですが、なるべく消化がしやすくて控えめな内容にしていくようにしましょう。

夜は食事のあとにだいたい寝てしまう人が多いです。
ですので、しっかりと食事をする必要がほとんどありません。
お粥や野菜スープなどの消化しやすいものか、低カロリーのものを軽く食べて寝てしまいましょう。

出来れば夕方の18時までに食事を終えるのが理想ですが、遅くても寝る3時間前までに食事を終えられるようにしていけるといいですね。

夜の22時以降、特に夜中の2時~4時は脂肪を蓄える働きをするそうですから、その時間に胃に食べ物が入っていない方がいいのです。

そして、夕方以降の運動ですが、睡眠の邪魔にならない程度で切り上げるのが大切です。
夕方くらいであれば、しっかり体を動かしたり筋トレを行うのはいいですが、寝る直前までやっていると交感神経と副交感神経の切り替えが上手く出来ずに眠りにくくなってしまいます。

しっかりと睡眠時間を確保することも、ダイエットの効率を上げる効果があるそうですから、寝る前は簡単なストレッチをしておく程度にしましょう。

何ならしても良くて、何はしない方がいいのかを把握していれば、ダイエット中の夜の過ごし方はそれほど難しいことでもないと思います。
最低限、これらのことを意識していけば、日中の努力の邪魔にはならないはずですよ。


PR