忍者ブログ

ダイエットメニュー 運動

ダイエット中の運動メニューの決め方や方法などについて。自分に合った運動メニューを行っていって、効率よくダイエットを進めていきましょう。

ダイエットメニュー 夕食

夕食は軽めの方がいいと言われていますので、ダイエット中の夕食メニューは

・消化が良いもの
・低カロリーで軽いもの

という内容にしていくのがいいでしょうね。

夕食後は、寝るだけの人が多いですから、エネルギーを積極的に摂取していく必要がありません。
ですので、夜中に胃に食べ物が残っていない状態を作るためにも、消化に良くて、低カロリーのものがおすすめです。

お粥やスープなど、水分が多いものを食べて、胃を満たすのもいいですね。

また、夜に置き換えダイエットを行うのもおすすめです。
ダイエット食品、主食の代わりに豆腐や蕎麦などを食べていくことで、体重を落としていくことが出来た人もいますからね。

可能であれば、夕食は18時頃までに。遅くても寝る3時間前までに食べ終わるようにしておきましょう。
早めに食べてしまって、寝るまでの間に時間が出来てしまって、空腹を感じるようなら水やヨーグルトのような軽いものを食べて、あとは我慢するか、寝てしまうのがおすすめです。

充分な睡眠も体重を減らしていくことに繋がるそうですからね。
普段から睡眠時間が足りていないという人は、早めに寝てみるのもいいのではないでしょうか。


ダイエットメニュー コンビニ

コンビニで用意出来るダイエットメニューというと、おすすめはサラダチキンと野菜サラダでしょうか。

野菜サラダは低カロリーですし、サラダチキンは低カロリーで高たんぱく質なので、ダイエット中の食事としては理想的です。
朝食か軽めにした方がいい夕食などにいいのではないでしょうか。

3食全部これだと、さすがに栄養が偏ってしまいますので、他の時間帯の食事はきちんと栄養バランスの取れた食事をしていくようにしましょう。

コンビニに売っているものの中には、低カロリーのものも多いですから、料理などが苦手な人はコンビニで揃えてみるのもいいと思いますよ。

食べる量を減らしていくダイエット方法もありますが、空腹を感じている時間が長く続くと逆に太りやすい体質になっていってしまうのだそうです。
お腹が空いていると、ついドカ食いをしてしまったり、早食いになってしまったりと、もしかしたら経験があるかもしれませんが、これが太る原因になります。
また、空腹時間が長いと、体は飢餓状態だと認識して、生きるために脂肪を蓄えるようになるそうです。
これも太りやすい体質になる原因の一つです。

何を食べてもいいとは言いませんが、特に朝の忙しい時間帯などは、ヨーグルトやサラダであれば食べやすいと思いますので、コンビニで買ってササッと食べておくのもいいと思いますよ。


ダイエットメニュー 夜

夜の過ごし方もダイエットには重要ですから、ダイエットメニューは事前に考えておいてもいいかもしれないですね。

まず食事ですが、なるべく消化がしやすくて控えめな内容にしていくようにしましょう。

夜は食事のあとにだいたい寝てしまう人が多いです。
ですので、しっかりと食事をする必要がほとんどありません。
お粥や野菜スープなどの消化しやすいものか、低カロリーのものを軽く食べて寝てしまいましょう。

出来れば夕方の18時までに食事を終えるのが理想ですが、遅くても寝る3時間前までに食事を終えられるようにしていけるといいですね。

夜の22時以降、特に夜中の2時~4時は脂肪を蓄える働きをするそうですから、その時間に胃に食べ物が入っていない方がいいのです。

そして、夕方以降の運動ですが、睡眠の邪魔にならない程度で切り上げるのが大切です。
夕方くらいであれば、しっかり体を動かしたり筋トレを行うのはいいですが、寝る直前までやっていると交感神経と副交感神経の切り替えが上手く出来ずに眠りにくくなってしまいます。

しっかりと睡眠時間を確保することも、ダイエットの効率を上げる効果があるそうですから、寝る前は簡単なストレッチをしておく程度にしましょう。

何ならしても良くて、何はしない方がいいのかを把握していれば、ダイエット中の夜の過ごし方はそれほど難しいことでもないと思います。
最低限、これらのことを意識していけば、日中の努力の邪魔にはならないはずですよ。


ダイエットメニュー 簡単

簡単なダイエットメニューも沢山ありますので、忙しい人はそういったメニューを参考にして、食事や運動を変えていってみてはどうでしょうか。

簡単に出来る分、ダイエット効果はもしかしたらすぐには感じにくいかもしれませんが、それでも全くやらないよりはマシなはずです。

食事に関しては、まずは炭水化物を減らしていってみましょう。
ご飯、パン、うどんを一日にどれくらい食べているかを振り返ってみて、その摂取量を減らしていきます。
炭水化物には多くの糖が含まれていますので、その炭水化物を食べる量が減っていけば、必然的に糖の摂取量も減っていきます。

例えば、朝昼のパンやご飯の食べる量を半分にして、その分野菜を食べる。
夜は、エネルギーを必要としないので、そばにしたり、少量のご飯をお粥にして消化しやすいようにしてもいいですね。
簡単に出来るので、試してみてはどうでしょうか。

また、運動に関しても、一駅多く歩いたり、階段移動に切り替えるだけでも変わってきます。
特に基礎代謝が落ちてくる30代後半以降の人は、その基礎代謝アップも期待出来るので、体重を落としていきやすくなるはずです。

今の生活からほんの少し変えるだけでも、ダイエットは始めていけますから、難しく考えずにそういった所から始めていってはどうでしょうか。


ダイエットメニューレシピ

ダイエット中のレシピはネットや本で調べればすぐに見つけることが出来るので、自分の好きな食品を利用しているものを作ってみてはどうでしょうか。

ダイエット中の食事は食べたいものが食べれないことが多いので、ストレスに感じる人も多いです。
ストレスはダイエットの天敵にもなりますので、なるべく楽しく食事が出来るのが理想です。

最近はダイエットレシピにも色々なバリエーションが増えてきているので、美味しく食べれるものも増えています。

自分で作らないといけない、という点は面倒に感じるかもしれませんが、ダイエットを進めていくためにもカロリー制限は必須です。
紹介されているレシピを利用すれば、カロリー計算もしやすいですし、レンジで作れるレシピもありますから、出来ることから始めていってみましょう。

中には、スイーツのレシピなどもありますから、ダイエット中でも甘いものを食べることも出来ます。

なるべく、ダイエットを行うことで、ストレスを抱えていかないようにしましょう。
でないと、ダイエットが成功するまで継続していく意識が低下してしまって、体重を落とせないまま終わってしまうかもしれません。

ストレスなく、自分に出来る範囲からダイエットを行っていくのも大切なことです。
まずは、好きな食品で作れるダイエットレシピを試してみてはどうでしょうか。